少額からの投資は、つみたてNISAがおすすめ!

-2018.01.3 -その他
-,

おととい2018年1月1日より
「NISA」(ニーサ:小額投資非課税制度)から「つみたてNISA」
という新たな少額投資非課税制度を選択できるようになりました。

伴ってNISA口座をつみたてNISAに切り替えたので改めてまとめておきます。

スポンサーリンク

つみたてNISAとは?

利用しているSBI証券のHPからの引用です。

「つみたてNISA(積立NISA)」とは、2018年からはじまる新たな少額投資非課税制度です。
これまでのNISAと同様に毎年の非課税投資枠から得た利益・分配金にかかる税金はゼロとなりますが、非課税投資枠が年間40万円で、投資期間が最長20年という点で異なります。
通常のNISA以上に少額から毎月コツコツ、長期での資産形成を目指す方に向いた制度と言えます。

  • 毎月積立型
  • 投資枠から得た運用益・分配金に税金がかからない
  • 年間40万円の非課税投資枠
  • 非課税期間が20年

という特徴があります。

例えば、40万円×20年間満額800万円の利用をして資産が1300万円になった場合、
運用益は500万円になります。

課税対象の一般口座だと約20%の税金が課せられるので
純粋な利益は500万円×80%=400万円となってしまいます。

とても簡単な例にしましたが、
この運用益500万円に税金が課せられない投資枠がNISA・つみたてNISAになります。

これまでのNISAとの違いは?

投資枠が非課税になる点ではどちらも変わりがありません。
違いは、投資枠の大きさ・期間・対象商品になります。

名称 非課税投資枠 非課税期間 対象商品
NISA 120万円/年 5年間 上場株式、ETF、投資信託等
つみたてNISA 40万円/年 20年間 一部の投資信託

名前の通り、つみたてNISAは積立投資、つまり長期の資産運用を想定して作られています。
そのため、長期ホールドに適した投資信託のみが選定されています。

結局、どういう人におすすめ?

NISAはもともと若年層の投資を促進するために作られた背景がありますが、
実際は50歳以上の利用が過半数を超えるものとなっており政府の意図した結果になっていないのが実情です。これを鑑みると、

投資枠上限を低額にして、より長期に変更した「つみたてNISA」は
より若者向けに変更したものと言えます。

まだ大きな投資元本がない20代、30代前半が利用したほうが良い制度といえるのではないでしょうか?

ちなみに僕は、上:長期・安心→下:短期・遊びのイメージで色々試しています。

  • 銀行預金
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)
  • NISA
  • 株式
  • 仮想通貨

ということで、年度も変わりましたのでふるさと納税だけでなく、
つみたてNISAも使ってみてはどうでしょうか?

          
    

スポンサーリンク

  
Scroll Up