ふるさと納税を有効活用しよう。

スポンサーリンク

ふるさと納税とは?

「納税」という名前の通り、自治体にお金を納めます。形態としては寄附になります。
ご自分の生まれ故郷だけでなくお金を寄附して応援したい自治体を任意の形で選択できます。
その寄附の返礼として、お米とかお肉、海産物、野菜など様々なものがもらえるわけです。

これだけではあまりうま味がないと思われるでしょうが、総務省からの引用を見てみましょう。

「納税」という言葉がついているふるさと納税。
実際には、都道府県、市区町村への「寄附」です。
一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。ですが、ふるさと納税では原則として自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。

出典:http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/about/

寄附した金額は2000円を除き全てが戻ってくるのです。
要はいくら寄附しても実質負担額は2000円になるわけです。

例えば、1万円を寄附して国産A5ランク牛肉500gを返礼品としてもらったとしましょう。その場合、実質負担額2000円を除く8000円は翌年に所得税および住民税から差し引かれる形で戻ってきます。

企業にお勤めの方ですと、寄附した当月の給与から差し引かれる形が多いのだと思います。
キャッシュフローがややこしいですが、負担額は低いのでおすすめです。

有益な使い道はお米?

このふるさと納税、お米に充てるのがおすすめだと思っています。

理由①:普通に買うよりお得

僕が利用しているものは、お米20kg 1万円のものです。

先ほども書いた通り、これだけでも実質負担額2000円になりますが、
年収に応じて年間寄附上限が決まっているのでもっと寄付することができます。

簡単のために、一か月5kg一年で60kgのお米を消費するとして
3万円を寄附するとしましょう。この場合も実質負担額が2000円/年です。

一方、スーパーなどで調達する場合、5kg約1500円でしょう。
一年で60kg消費の場合、18,000円/年です。

キャッシュフローなどここまで簡単な計算ではありませんが、明らかにお得ですよね。

理由②:自宅まで運んでくれる

お米って重たいですよね。
僕は車を持っていないのでスーパーからだと持ち帰りが面倒です。
ふるさと納税で自宅配送にしてしまえば、運んでくれるのでこの点も楽です。

高級肉やうに、アワビなどのぜいたく品に使うのも良いですが、それではただの消費になってしまいます。生活必需品のお米やライフタイムバリューの長い家電などに使うのがお得だと思います。
ただし、お米の場合、一気に20kg届くので腰に気を付けて!

ということで、年度も変わりましたのでふるさと納税を使ってみてはどうでしょうか?

この記事の内容が役に立ったと思いました、SNSで記事を共有していただけますと幸いです。