【初心者向け】coincheckの口座開設手順をまとめました。

昨日のブログ 冬のボーナスでコインチェックデビューはいかがでしょうか? で書いた通り、coincheckの口座開設手順をまとめてみました。coincheckは数ある取引所の中でも一番見やすい画面デザインで手軽に始めるのに適しています。開設もとても簡単なので年末年始の間にとりあえず開いておくのはどうでしょうか?

スポンサーリンク

メールアドレスとパスワードでカンタン登録

coincheck
coincheckのトップページにアクセスするとこの画面になりますね。まずは、メールアドレスとパスワードを入力して登録ボタンを押してしまいましょう。Facebookで登録しても良いでしょう。

仮登録メール記載のURLをクリック

登録ボタンを押すとすぐさま入力したメールアドレスあてに仮登録メールが届きます。その中に書いてあるURLをクリックしてログインし直しましょう。これで会員登録自体は終了です。

ここまでわずか2分もあれば終わりますね!

本人確認の手続き


さて、URLをクリックするとこの画面になると思います。本人確認を進めましょう。ちなみに、

  • 本人確認しない:ログインおよび閲覧が可能
  • 本人確認する:上記に加えて、入出金・売買が可能

ということで、実質本人確認しないと仮想通貨投資はできません。まあ、銀行や証券会社と同様に法律に則っているわけで当たり前ですよね。

電話番号(SMS)認証

電話番号を入力して、送られてくるショートメッセージに記載された6桁の番号を入力しましょう。

本人確認

メニューの重要事項の承諾を済ませ、本人確認で必要事項を入力していきましょう。
項目はこちらです。

  • 個人か法人か
  • 氏名、カナ
  • 性別、生年月日
  • 居住国
  • 郵便番号
  • 住所※
  • 職業
  • 目的

※後述のはがきが届きます。はがきの受け取りをもって口座開設になるのでお間違いのないように

最後に本人確認書類の提出です。多くの方は「パスポート」「運転免許証」「マイナンバーカード」で大丈夫でしょう。スマホなどで写真を取り込み、アップロードするだけで完了します。

これにて作業は終了、後は待つだけです。

住所にはがきが届く

本人確認書類の提出が終わるとcoincheck側で確認作業が行われ、審査終了後に入力した住所あてにはがきが送られます。はがき自体に重要項目はなく、受け取るだけで終了です。(配送会社側で受取終了手続きが行われると口座が開設されます。)

これでいよいよ仮想通貨の取引が開始できるわけです。

確認作業・はがきの送付は通常2~4日で終了するようですが、年末年始の手続きはやっていないようで、最短1月5日からはがき送付が始まるとのことです。年末年始の時間があるときに本人確認書類の提出まで済ませておくと年明けにはがきが来ると思いますよ。
【2017年〜2018年】年末年始の営業時間に関するお知らせ

Ripple、あっさり200円の大台突破!

昨晩200円の大台と書きましたが、もう280円台になっています。

時価総額もEthereumを超えてBitcoinに次ぐ2位になりましたね。今月上旬は30円台をウロウロしていたのが信じられないです。

短期でここまで上がるとは思いませんでしたが、僕の含み益もホクホクです。まあ今後も暴落はあると思うのでガチホで行きます。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

          
    

スポンサーリンク

  
Scroll Up