ブロックチェーン時代の銀行設立ICO Bankeraに参加

-2018.01.6 -その他
-

昨年中にICO銘柄 Bankeraに一部送金して参加していました。
このBankera、通常のICOとは異なり毎週配当がもらえます。
着金され始めたので簡単にまとめました。

スポンサーリンク

そもそもICOとは?

ICOを乱暴に一言で述べると仮想通貨版クラウドファンディングだと捉えています。

プロジェクト達成を目的として資金を集めるために、
仮想通貨を新たに開発してサービス開始前に安価で買ってもらい、
資金を調達する方法のことをICOと言います。

そのプロジェクトが達成された将来、
新たに作られた仮想通貨の価格は高騰するので、
プロジェクト発足時に安価で調達することが支援者側のメリットになります。

BankeraではBNK(バンカー)という新したな仮想通貨を開発して、
それを別の仮想通貨で買ってもらうことで資金調達しています。

Bankeraのビジョンとは?

ズバリ、ブロックチェーン時代の銀行を目指しています。
Bankera -日本語ページ-

ビジョンを上記サイトから引用します。

バンクエラはブロックチェーン時代のためのデジタルバンクです。従来の銀行の役割を担うバンクエラは、以下3つのサービスを提供します。

お支払 個人IBANやデビットカード、インターバンク・レート、決済代行、支払い口座などを多数の支払いサービスを提供します。これらすべてのサービスは、従来の法定通貨に加えて、BitcoinやEthereum、DASH、NEM、ERC20準拠トークンなどの仮想通貨での決済にも対応します。また、将来のバンクエラは、国内総生産(GDP)に連動する通貨や、お金に代わる上場投資信託(ETF)の使用など、革新的なソリューションも導入していきます。

ローンと預金 ローンと預金はバンクエラの中核となるサービスであり、我々の競争優位でもあります。 当座預金は貯蓄と同様に利息の受取りが可能。また、ほとんどのローンが決済代行ソリューションを利用するビジネスクライアントに提供されるため、 バンクエラの顧客は、借り手のキャッシュ・フローに関する専有情報により、より高い金利を受けることができます。

投資 上場投資信託(ETF)、暗号通貨投資ファンド(様々な暗号通貨と暗号トークンから組み込まれたポートフォリオ)、ウェルス・マネジメントのためのロボアドバイザーなど 多数の低コストの投資商品を提供します。法人向けには、事業・経営戦略の資金調達などの投資銀行サービスも今後予定をしております。

現在、仮想通貨は取引所に保管することがほとんどだと思います。
ただし、自分のお金を他人である取引所に預けておくのはリスキーになるでしょう。
(マウントゴックス事件が思い出されます。)

そこで、仮想通貨と法定通貨の間を24時間365日直ちに簡単に行き来させ、かつ仮想通貨が盗まれるリスクを減らすために、ブロックチェーン時代の新たな銀行 Bankera 設立のプロジェクトがスタートしたわけです。

※詳しくはホワイトペーパー(計画書)をご覧ください。

Bankeraの特徴

毎週ETHが配当としてもらえる!

通常のICOのメリットは先ほど述べた通り、
安価で買ったコインが将来高騰することです。

これに加えてBankeraの最大の特徴は、
毎週配当としてETH(イーサリアム)がもらえる点です。
BankeraはBNK所有者に対して、Bankeraが得た純利益の20%を還元します。
その20%の純利益が所有しているBNK分だけ按分されるのです。

僕の場合、毎週およそ50円分のETHが配当として入ってきています。

このETHが2018年も価格上昇するともっと価値が上がるので良いですよね。

コミュニティが整っている

Bankera -日本語ページ-
を見てもらうとわかりますがサイトが日本語でできています。

また上記ページの「チャット」から飛べますが、Slackで各言語のコミュニティが形成されています。Bankera側とのやり取りもタイムラグなく返信があるので詐欺ICO感はないですよね。

BankeraがNEMとEthereumのブロックチェーンを組み合わせて利用していることもあり、NEM財団CEO ロン・ウォン氏がアドバイザーを務めていることも好材料だと思います。

ICOは大きなビジョンを語り風呂敷を広げるので絵にかいた餅である可能性は大いにあります。
実際どうなるかは誰も保証できないギャンブルみたいなものなんです(笑)
ただ、大成功して大きく価格上昇して参加しておけばよかったと思っても後の祭りなわけです。
上記ホワイトペーパー含めビジョンに共感した場合、参加してみてはどうでしょうか?

注意!カンタンには買えません

ここまで話したBNKトークンの購入ですが、日本国内の取引所からではできません。
Spectrocoinという海外取引所での口座開設が必要になります。

本人確認も簡単ですぐに開設できますが、日本円の入金ができません。
coincheckやzaifなどから仮想通貨をSpectrocoinに送金してBNKに両替することになります。

          
    

スポンサーリンク

  
Scroll Up