メタプログラミングRuby第2版:6章:コードを書くコード

メタプログラミングRubyとは? 出版社である O’Reilly Japanのサイトからの引用です。 本書はRubyを使ったメタプログラミングについて解説する書籍です。メタプログラミングとは、プログラミングコードを記述するコードを記述することを意味します。前半では、メタプログラミングの背 […]

続きを読む

メタプログラミングRuby第2版:5章:クラス

メタプログラミングRubyとは? 出版社である O’Reilly Japanのサイトからの引用です。 本書はRubyを使ったメタプログラミングについて解説する書籍です。メタプログラミングとは、プログラミングコードを記述するコードを記述することを意味します。前半では、メタプログラミングの背 […]

続きを読む

メタプログラミングRuby第2版:4章:ブロック

メタプログラミングRubyとは? 出版社である O’Reilly Japanのサイトからの引用です。 本書はRubyを使ったメタプログラミングについて解説する書籍です。メタプログラミングとは、プログラミングコードを記述するコードを記述することを意味します。前半では、メタプログラミングの背 […]

続きを読む

メタプログラミングRuby第2版:3章:メソッド

メタプログラミングRubyとは? 出版社である O’Reilly Japanのサイトからの引用です。 本書はRubyを使ったメタプログラミングについて解説する書籍です。メタプログラミングとは、プログラミングコードを記述するコードを記述することを意味します。前半では、メタプログラミングの背 […]

続きを読む

メタプログラミングRuby第2版:2章:オブジェクトモデル

メタプログラミングRubyとは? 出版社である O’Reilly Japanのサイトからの引用です。 本書はRubyを使ったメタプログラミングについて解説する書籍です。メタプログラミングとは、プログラミングコードを記述するコードを記述することを意味します。前半では、メタプログラミングの背 […]

続きを読む

【現場で使える Ruby on Rails 5速習実践ガイド】の感想・気づき(8~10章)

-2018.12.27 -書籍
-, ,

現場で使える Ruby on Rails 5速習実践ガイドとは? 10月に発売されたRailsの技術書で、 Ruby・Railsの開発支援をされている株式会社万葉の方々が監修している書籍です。 通称現場Railsと呼ばれています。 2018年12月現在の最新のRails技術書ということもあり、Rai […]

続きを読む

【現場で使える Ruby on Rails 5速習実践ガイド】の感想・気づき(6・7章)

-2018.12.23 -書籍
-, ,

現場で使える Ruby on Rails 5速習実践ガイドとは? 10月に発売されたRailsの技術書で、 Ruby・Railsの開発支援をされている株式会社万葉の方々が監修している書籍です。 通称現場Railsと呼ばれています。 2018年12月現在の最新のRails技術書ということもあり、Rai […]

続きを読む

軽減税率、EC業界に混沌を招くのか?特需をもたらすのか?

今回は軽減税率とEC業界の関係についてポエム記事を書いてみました。 背景 昨日銀座Railsという勉強会に参加してきました。 名前の通りRailsについての勉強会を銀座界隈のエンジニアが集まって開催しているのですが、今回はテスト駆動開発のt_wadaさんがRails RSpecのライブコーディングを […]

続きを読む

【現場で使える Ruby on Rails 5速習実践ガイド】の感想・気づき(5章)

-2018.12.18 -書籍
-, ,

現場で使える Ruby on Rails 5速習実践ガイドとは? 10月に発売されたRailsの技術書で、 Ruby・Railsの開発支援をされている株式会社万葉の方々が監修している書籍です。 通称現場Railsと呼ばれています。 2018年12月現在の最新のRails技術書ということもあり、Rai […]

続きを読む

【及川卓也氏特別講演】情報技術の進化の歴史から紐解く、技術者が個人として活躍し続けるためのヒント

日本のコンピュータ・サイエンスの第一人者 及川卓也さんの講演会に行ってきました。 ベンチャー界隈でよく用いられるリーンの考え方はコンピュータ・サイエンスの歴史では昔から起きていることであること、これからのインターネットやAIがどうなっていくか考えさせられるの話でした。 歴史は発散と集中を繰り返してい […]

続きを読む